マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

一生のうちに「火事」に遭う確率は4.82% 隣家のもらい火で全焼することも

2021年11月16日 7:00 女性セブン

生涯で「まさか」の悲劇や災難に遭う確率は?
生涯で「まさか」の悲劇や災難に遭う確率は?

 人生100年時代。安穏無事に平均寿命を全うする人がいる一方、日々伝えられる不慮の事故や突然の病気、地震や風水害などの天災のニュースに、この世の中が「まさか」の連続で、いつそれがわが身に襲いかかるか、心配でならないという人も多いのではないだろうか。

 そんな「まさか」の悲劇や災難に一生のうちに遭う確率を“生涯遭遇確率(以下、生涯確率)として算出することができる。たとえば、交通事故の生涯確率はどうか。

 2019年の交通事故死傷者数46万4990人を、日本の総人口1億2600万人で割ると0.37%。(1-0.37%)で、遭遇しない年間確率が出る。これを平均年齢84.727才生きるとして84.727乗すると、一生のうちで遭遇しない確率が出る。それを1から引けば「生涯確率」が算出でき、1人の人間が一生のうちに交通事故に遭う確率は、26.85%となる。このように自分にはあまり関係がないと思っていても、意外と高い確率で遭遇する事象もあるのだ。

 では、例えば家が火事に遭う「生涯確率」は、いったいどのくらいあるのか。計算式をもとに明らかとなった数字から、「まさか」への備えをいまから考えておきたい。

隣家からのもらい火で家が全焼してしまった

 家が火事になる生涯確率は4.82%で、20.7人に1人が憂き目に遭う計算だ(「消防統計2020」の火災件数を分子に、分母は総世帯数で試算)。そんなに多いのか、と驚くこの数字は、実は自らが出火元になるケースだけではない。怖いのは、周辺の火事によるもらい火で、家を失うことだ。

 静岡県在住の看護師・A子さんは、隣家からの延焼で自宅が全焼してしまった。

「隣のお宅は認知症のお母さんと、息子夫婦の3人暮らし。そのお母さんがコンロの火を消し忘れて火事に。命は助かったものの家は全焼。わが家ももらい火で全焼。途方に暮れています」(A子さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。