マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

岩手の宝くじ売り場 昨年は「年末ジャンボ1等当せん券」売れ残りの悔しさ

2021年12月5日 7:00 女性セブン

昨年の年末ジャンボでは「1等・前後賞独占」を惜しくも逃した…(岩手の宝くじ神社イオン一関チャンスセンター)
昨年の年末ジャンボでは「1等・前後賞独占」を惜しくも逃した…(岩手の宝くじ神社イオン一関チャンスセンター)

 年末ジャンボ宝くじの販売が11月24日にスタートした。ジャンボ宝くじ史上最高額タイの1等・前後賞合わせて10億円のビッグチャンスというだけあって、年の瀬にもかかわらず各地の売り場ではたくさんの宝くじファンが列をなしている。

 一攫千金の夢を掴むには、「どの売り場で買うか」が重要になるのは言うまでもない。風水師の伊藤夢海さんが、今年ならではの売り場選びのポイントを教えてくれた。

「今年は『九星気学』という占術では『六白金星』の年にあたります。九星気学はその名の通り、9つの星が順番に巡っていき、なかでも金運上昇が期待できる『金』がつくのは六白金星と、昨年の『七赤金星』の2つだけ。この2年間の運気が最後に全集中するのが、今年の年末ジャンボといえます」

 その上で、気にかけるべきは、その年に起きて注目を浴びた事象だという。

「なんと言っても、今年は東京五輪がありました。日本が獲得したメダル数は史上最多で、無観客とはいえ、たくさんの人が固唾をのんで見守りました。人々の関心を集めた事柄には、エネルギーや運気が注がれる、というのが風水の考え方です。

 さらに言えば、五輪は本来、昨年開催予定でした。それが1年延期され、中止が危ぶまれる中での大成功です。言うなれば『リベンジ』成功。そこから転じて、年末ジャンボでも『リベンジ売り場』に期待が膨らみます」(伊藤さん)

 そのヒントを頼りに本誌・女性セブンが調査すると、昨年以降、「1等のみ」や「前賞のみ」「後賞のみ」といった具合に「1等・前後賞独占」を惜しくも逃した売り場が全国で10店舗見つかった(別掲表参照)。

 窓口の上にそびえる鳥居がインパクト大なのが「宝くじ神社イオン一関チャンスセンター」(岩手県一関市)。昨年のドリームジャンボで「前賞のみ」の1億円が出た。

「当せんしたお客様はバラで購入されていました。実は、1等3億円と後賞1億円の当せん券もウチにあったんですよ。ところが、コロナのせいで客足が伸びず、売れ残ってしまって……。本来なら総額5億円が出ていたはずなんです! 本当に悔しいです」(店長の高橋陽江さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。