マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

社会還元する富裕層 京セラ・稲盛氏、楽天・三木谷氏は医療・科学分野に出資

2022年1月1日 7:00 週刊ポスト

稲盛財団を通じて社会還元している京セラ創業者・稲盛和夫氏(時事通信フォト)
稲盛財団を通じて社会還元している京セラ創業者・稲盛和夫氏(時事通信フォト)

 かつて国税庁が発表していた「長者番付」は、所得税額1000万円を超える納税者の名簿を公示する制度で、これに基づいて高額納税者の順位が明らかになった。個人情報保護や犯罪抑止などの観点から2005年(2004年分)の発表を最後に長者番付は廃止された。

 現代の「億万長者」とはどんな人たちなのか。そこで上場企業約4000社の決算書や大株主の情報などを整理する企業価値検索サービス「Ullet(ユーレット)」の協力のもと、上場企業の有価証券報告書から個人の大株主を抽出、保有株の時価総額の上位100人をランキングにした。トップに輝くのは、4.9兆円でソフトバンクグループ社長・孫正義氏。2.4兆円で2位につけたのは、ファーストリテイリング社長・柳井正氏だった。

 日本の富裕層たちは有り余るカネを何に使っているのか――。注目されるのは「社会に還元」するケースだ。ジャーナリストの大西康之氏が指摘する。

「世界では、成功した起業家が後世において尊敬されるかどうかは、どれだけ社会に還元したかで決まります。しかし日本では、世界基準の経営者がまだまだ少ない」

 その中でも注目に値するのが、京セラ創業者・稲盛和夫氏(45位)。

「事業を興して得た利益の大半を稲盛財団に投じて社会に還元しています。中でも専門領域で優れた功績を残した人物を讃えて賞金を授与する『京都賞』は山中伸弥氏や本庶佑氏など、のちのノーベル賞受賞者を輩出した。『ノーベル賞の先行指標』とされる京都賞に、稲盛氏はこれまで200億円の私財を投じています」(大西氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。