マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「最新長者番付」柳井ファミリーが上位にズラリ 後継候補の長男・次男の素顔

2021年12月28日 7:00 週刊ポスト

柳井正氏の後継者にも注目が集まる(時事通信フォト)
柳井正氏の後継者にも注目が集まる(時事通信フォト)

 かつて国税庁が発表していた「長者番付」は、所得税額1000万円を超える納税者の名簿を公示する制度で、これに基づいて高額納税者の順位が明らかになった。著名人などのランキングも作成されたが、個人情報保護や犯罪抑止などの観点から2005年(2004年分)の発表を最後に長者番付は廃止された。

 では、現代の日本の富裕層はどんな人たちなのか。『経済界』編集局長の関慎夫氏がその定義を語る。

「有価証券報告書に記載される1億円以上の報酬があった人が、高額所得者としてよく報じられます。しかしそれはあくまで企業からもらう報酬といういわば“給料”にすぎず、多額の税金もかかります。実質的な資産を推し量るには、保有する『株式』と、その『時価総額』を見るのが世界的な潮流です」

 そこで上場企業約4000社の決算書や大株主の情報などを整理する企業価値検索サービス「Ullet(ユーレット)」の協力のもと、上場企業の有価証券報告書から個人の大株主を抽出、保有株の時価総額の上位100人をランキングにした。トップに輝くのは、4.9兆円でソフトバンクグループ社長・孫正義氏。2.4兆円で2位につけたのは、ファーストリテイリング社長・柳井正氏だった。

 ランキングを見ていくと、「同じ苗字」が目立つ。ファーストリテイリング・柳井家からは、長男の一海氏(5位)、二男の康治氏(6位)、妻の照代氏(7位)と“身内”がズラリ。「近い将来、息子のどちらかに社長を禅譲するのではないか」ということが関係者の間では話題になっている。

『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋刊)の著者でジャーナリストの横田増生氏が2人の“後継者候補”について語る。

「長男の一海氏は米ボストン大学卒業後、ゴールドマンサックスなどに勤務した知米派。真面目で誠実、周りに敵を作らないタイプと言われます。

 次男の康治氏は三菱商事時代にイギリス駐在を経験し、兄に比べて派手なタイプとされます。韓流スターやプロサッカー選手と交流があり、イギリス時代には日本から来る同僚に手土産として、日本のゴシップ誌をねだったそうです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。