マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

通帳、公共料金明細など進むペーパーレス化 「アナログにお金がかかる」時代へ

2022年3月3日 16:00 女性セブン

紙の通帳や明細はお金がかかる時代に…(イメージ。Getty Images)
紙の通帳や明細はお金がかかる時代に…(イメージ。Getty Images)

 あらゆる場面でスマホを使い、デジタルなサービスを利用する機会が多い今の時代。消費生活アドバイザーの丸山晴美さんは、2022年以降、「アナログにこそお金がかかる時代がやってくる」と話す。店舗の維持費や人件費、紙代など、あらゆるコストがかからないデジタルなものに切り替えていくことで、大きな節約効果が期待できるというのだ。

 丸山さん自身も、新聞は紙ではなく電子版を利用。スマホやタブレット、パソコンから読むことができる。朝日新聞の場合、紙の購読料が月4400円なのに対し、電子版は980円から。紙面ビューアーなど、すべての機能が使えるプレミアムコースでも3800円と、紙よりも600円ほど安くなる。

「それほど大きな金額ではありませんが、ゴミが出なくて片づけの手間がかからず、必要な記事を簡単にスクラップできるなど、紙よりもはるかに便利。月額440円で700誌を超える雑誌が読めるdマガジンもお得感があります」(丸山さん・以下同)

 新聞・雑誌に限らず、今後、あらゆるものが“ペーパーレス化”でお得になる。年賀状や暑中見舞いをはがきではなくメールやLINEにすれば、1枚63円のはがき代と切手代がかからない。また、生命保険や銀行もペーパーレスにすれば安くなる。

「対面販売の生命保険と比べると、人件費がかからないネット保険は、月々の保険料が約1000~2000円安くなります。また、みずほ銀行や三井住友銀行では昨年、新規顧客の紙の通帳の有料化が導入された一方で、ウエブやアプリ上の“Web通帳”は無料。今年4月には三菱UFJ銀行も続く見込みです」

 また、公共料金やクレジットカードの明細も、ペーパーレスにすることでポイントがもらえたり、料金の割引を受けられることも。毎月紙で発行される明細に100円近い手数料を取られないよう、アプリやメールで届くように設定し直そう。ペーパーレスに慣れておかないと、この先、ことあるごとにムダな“紙代”を取られてしまうかもしれない。

※女性セブン2022年3月10日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。