マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

急に亡くなった身内の知られざる銀行口座を見つけ出す「全店照会」

2021年8月11日 15:00 女性セブン

メガバンクなら「旧姓の口座」も調べてもらうことができるという(イメージ。Getty Images)
メガバンクなら「旧姓の口座」も調べてもらうことができるという(イメージ。Getty Images)

 家族の突然の死はただ悲しいだけでなく、さまざまな手続きという避けられない問題ももたらす。埼玉県の主婦、中内圭子さん(57才・仮名)は、82才で亡くなった母親の遺品整理で頭を悩ませている。

「母はずっと、家族にお金の話をするのをいやがっていました。急に亡くなってしまったので、きょうだいのだれも財産について聞いていないんです。現金だけでなく、生命保険などのほかの財産もあったようなのですが、よほど厳重に管理していたのか、通帳も保険証券も、さっぱり見つからなくて……」

 親が何も言わずに亡くなると、銀行預金や生命保険、株や不動産などの財産がどこにどれだけあるのか、すべて把握するのはなかなか難しい。

 だが、手掛かりがないわけではない。

メガバンクなら「母の旧姓の口座」もすぐわかる

 銀行口座は、名義人が亡くなると凍結されるほか、長い間使われないと「休眠口座」になってしまう。遺品整理などを手がけるクオーレ代表の竹本泰志さんが言う。

「銀行口座の扱いは、年々慎重になってきています。特に女性の場合、旧姓でつくった口座をそのままにしていることを知らなかったり、忘れているケースが多いので、めんどうでも氏名や住所が変更になるたびに手続きして、使わなくなった口座は名義人が元気なうちに解約するなどの整理をしておいてほしい」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。