マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ケンタッキーフラインドチキンの骨でとった出汁の味は? 雑炊を作って検証

2022年2月27日 16:00 マネーポストWEB

ケンタッキーフラインドチキンの骨でとった出汁を使って作った卵雑炊
ケンタッキーフラインドチキンの骨でとった出汁を使って作った卵雑炊

 独自のスパイスで味付けされた絶品のケンタッキーフラインドチキン。食べ終わった骨をそのまま捨ててしまう人も多いだろう。しかし、その骨を使って“出汁をとる”という楽しみ方もあることをご存じだろうか。

 ネットのレシピサイトを調べてみると、ケンタッキーフライドチキンの骨を使ったスープのレシピが多数確認できる。そのままスープとして楽しむものだけでなく、そのスープを使って雑炊を作ったり、ラーメンを作ったりするレシピもある。本来捨てるはずの骨を利用することで、節約に繋がる可能性もありそうだ。

 はたしてどんな味になるのか。マネーポストWEBの庶民派グルメ担当記者Aが、実際にケンタッキーフラインドチキンの骨で出汁をとり、その味を確かめてみた。

オリジナルチキン6ピース分の骨を煮込む

ケンタッキーフラインドチキンの骨を昆布とともに煮込んで出汁をとる
ケンタッキーフラインドチキンの骨を昆布とともに煮込んで出汁をとる

 今回、記者Aがケンタッキーフラインドチキンの骨を使って作ったのは雑炊だ。ネットで調べたレシピを参考にしつつも、あくまでも自己流である。

まずは、フライドチキンを食べるところからスタート。同僚とともに、2人でケンタッキーフラインドチキンの「オリジナルチキン」6ピースをいただき、その骨を煮込んでスープを作るのだ。

 チキンの骨を軽く水洗いして、そのまま鍋に入れ、目分量の水で煮込む。レシピサイトによると、ケンタッキーフラインドチキンのスープは少々薄味ということだったので、今回は昆布を一緒に中火で煮込んで、しっかりとした出汁をとることにした。

 煮込む時間は約20分ほど。スープがほんのり白濁したところで、骨と昆布を取り出し、塩で味付け。そこにインスタントのご飯をレンジで温めてから投入し、さらに煮込んで水分を少々飛ばしてから、生卵を入れる。最後に刻んだ青ネギをふりかけて完成だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。