マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

ロシアのウクライナ侵攻における金融市場の反応 株・為替・金・原油の値動き

2022年3月2日 19:00 マネーポストWEB

ウクライナ有事で主要な金融市場はどう反応したか(イメージ)
ウクライナ有事で主要な金融市場はどう反応したか(イメージ)

 ロシアのウクライナ侵攻により、金融市場にも大きな混乱が生じている。こうした有事において、株や為替、コモディティ(商品)などの金融商品はどのような値動きをするのか。株やFX(外国為替証拠金取引)などのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、過去の事例を振り返りながら、今回のウクライナ有事に伴う主要市場の反応と今後予想される値動きについて解説する。

 * * *
 マーケットはロシアがウクライナに侵攻した直後を底に反転しましたが、欧米諸国がSWIFT(国際銀行間通信協会)を介した制裁に乗り出すことに合意したことで、一喜一憂する状況が続いています。このようにマーケットが様々な材料で動いている時こそ、トレーダーは冷静に対応していくことが大切です。こうした有事において、金融商品がどう反応するのか、それぞれ見ていきましょう。

 まずは株式市場です。危機が表面化したことで、米国株を中心に世界中でパニックのように売られましたが、その後は反発するという、過去にも散見された値動きが今回も発生しています。しかし、ロシアに対する金融制裁は、予想以上の規模となりそうで、ロシアからの報復措置の可能性まで考えると、どこで折り合いがつくのか先行きは見通せません。まだ方向感の見えにくい展開が続くと予想されます。

 次に金利の動向です。米国債長期金利は、それまで2%近くで推移していたものの、ロシアのウクライナ侵攻後は方向感のない動きが続き、目先は下落しています。

 金・原油の商品市場にも目を向けると、金価格は有事発生直後から大きく上昇。停戦交渉などの報道がされると、一旦上昇は落ち着いたものの、足元では再度反発しています。

 原油は、1バレル=100ドルを突破し、その他エネルギー価格も大きく上昇。アメリカが自国の備蓄原油を市場に放出する可能性が浮上すると、原油価格は一時的に下落したものの、その後は再度上昇に転じるという値動きの荒い展開が続いています。今後、ロシアが制裁への報復措置として天然ガスの供給を停止する可能性も報じられており、天然ガス価格が急騰する可能性もあります。そうなれば原油市場にも当然影響を与えるため、原油価格は当面落ち着きそうにありません。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。