マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

今ならPCは「Windows」と「Mac」どちらを選ぶべきか?使い勝手と選択の決め手

2022年3月12日 15:00 マネーポストWEB

PC選び「Windows」と「Mac」どっちがいい?
PC選び「Windows」と「Mac」どっちがいい?

 アップルから新チップ「M1 Ultra」搭載のデスクトップ新シリーズ「Mac Studio」も発表され話題となっているが、そもそもPCユーザーは、「Windows」と「Mac」どちらを選ぶべきなのか──。長年にわたり、論じられてきたこの問題。これまで「ビジネスならWindows」「クリエイティブならMac」などとも言われてきたが、ここ10年でPCの高スペック化はもちろん、Microsoft Office製品のサブスク、スマホ連携、PCゲームの台頭など、PCをめぐる環境は激変しているだけに、かつての印象だけでは決めにくくなっている側面もあるだろう。今から選ぶ場合、何を決め手にすればいいのか。WindowsとMacの両ユーザーに、それぞれ選んだ基準や使い勝手を聞いてみた。

Windowsはビジネスだけでなくゲーム用途でも魅力的

 学生時代からずっとWindowsを使ってきたというのは、メーカーに勤務する30代のAさんだ。慣れ親しんできたWindowsの魅力は、「汎用性の高さ」だという。

「仕事に使うソフトやツールで、Windowsに対応していないことはほぼない。Windowsは周囲でも使っている人が多いので、操作が分からなかったら、気軽に聞けるという点もいい。PCの知識がない人は、Windowsが無難だと思います」(Aさん)

 Aさんによれば、ビジネス用途だけではなく、プライベートでもWindowsは汎用性を存分に発揮するという。特に差が出やすいのが、PCでゲームをする場合だ。

「ゲームはWindows対応が多いんです。オンラインゲーミングプラットフォームの安くてお得なゲームも、Windows対応ということが多い。PCそのものも、同スペックだと、Windowsの方がMacよりも数万円以上安くなる場合もあります」(Aさん)

MacはiPhone連携とデザイン性の高さが魅力

1998年に発表されたボンダイブルーの初代iMacの販売価格は17万8000円だった(時事通信フォト)
1998年に発表されたボンダイブルーの初代iMacの販売価格は17万8000円だった(時事通信フォト)

 Macユーザーの考えはどうか。IT企業で働く40代男性・Bさんは、職場ではWindows、プライベートではMacを使用している。そのうえでMacの大きなメリットは「iPhoneやiPadとの連携」だという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。