マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

テレビ番組に取材された飲食店、録画して店頭で流すのは著作権侵害か?

2022年5月29日 19:00 週刊ポスト

自分の店がテレビに取材された後、その放送部分を店先で流しても大丈夫か?(イメージ)
自分の店がテレビに取材された後、その放送部分を店先で流しても大丈夫か?(イメージ)

 テレビ番組を録画して個人で楽しむ分には問題ないというが、録画した番組を飲食店などで利用するのはどうなのか──。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 飲食店でバイト中です。先日、テレビの情報番組が店の飲食レポートを撮影、放送してくれました。問題は店が、その放送部分の録画映像を店頭のテレビで流し、「宣伝しろ」と指示するのです。でも、番組には著作権があると思うのですが、店側は聞く耳をもちません。やはり、不法行為になりますよね。

【回答】
 情報番組は企画・取材を経て、台本が作られ、タレントや俳優の食事の様子をカメラマンが撮影して録画、ナレーターの音声解説や字幕を加えて完成します。映像での表現なので、『著作権法』上の映画の著作物です。

 多くの人が創作に関与しますが、その中で企画から完成に至るまでの全製作過程に関与し、その監督を務め、撮影機材等の手配をし、作品の内容を決定して撮影、編集作業の指示を自ら行なうなど、著作物の全体的形成に創作的に寄与した者が著作者になります。映画でいえば監督です。

 しかし、テレビ局の従業員が職務としてこうした行為をすれば職務著作者になり、テレビ局が著作権者です。仮に、外部の監督などが著作者になる場合でも、情報番組を発意し、完成の責任をもったのがテレビ局だと、制作を委託したテレビ局が著作権者になります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。