マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

遺産目当ての口出し、負の遺産の押しつけ…「親戚との相続トラブル」の実例

2022年6月3日 15:00 週刊ポスト

遠い親戚と“争続”になるケースもあるという(イメージ)
遠い親戚と“争続”になるケースもあるという(イメージ)

 相続は「親子」の問題ととらえがちだが、実は「親戚」とのトラブルのほうが厄介なケースもあるという。

 親戚との相続トラブルはいつ、どのように発生するのか。「家族のためのADR推進協会」代表理事の小泉道子氏が指摘する。

「家族の誰かの施設入居や病気進行など、相続を意識するタイミングでトラブルが増加します。その際に同居して面倒を見ている子や孫と、離れて暮らす他の親戚が揉めるケースが少なくない。それまで一切関知しなかったのに、相続を意識して『財産管理はどうなっているか』『通帳を見せろ』と親戚が言い出すこともある。逆に、面倒を見ている子が親を取り込み、他の親戚に会わせないこともあります」

 具体的にどんなトラブルが生じるのか。そのリアルケースを見てみよう。

「遺産目当ての口出し」(61歳・Aさん)

 10年前に父が他界後、82歳の母を引き取ったAさん。遠方に住む2人の兄とは疎遠で、法事で顔を合わせてもほとんど言葉を交わさなかった。

 最近、母の持病が悪化して介護医療院への入居を検討することに。だがAさんが「母さんの預貯金から入居費を出そうと思う」と念のため報告すると、兄は「施設はカネがかかる」と猛反対した。

「それまで無関心だったのに、あまりの変わりように驚きました。さらに『預貯金の管理が不透明だ』『お前が使い込んでいるんじゃないか』と毒づかれ、『俺たちがお袋の面倒をみる』と言われた。兄2人は同じ地域に住み、長男が母を引き取り協力して介護するというが、これまで母の顔もロクに見に来なかったのに、介護をできるわけがない。ずっと母に寄り添ってきた私の娘は、『そんなにお祖母ちゃんの遺産が欲しいの! 伯父さんたちは勝手だ』と怒りに震えています」(Aさん)

 相続手続カウンセラー協会代表の米田貴虎氏が指摘する。

「相続のタイミングで、突然、疎遠だった親戚が登場することは珍しくなく、父の死後に叔父が現われ『死んだ兄に貸した500万円を返してくれ』と迫った実例もある。借用書もなく困惑していると、『500万円は大変だろうから100万円で手を打つ』と言ってきたそうで、後に完全な嘘だったとわかりました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。