マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「身元引受人になったばかりに…」施設入居した“独り身の親戚”の介護トラブル

2022年6月2日 15:00 週刊ポスト

見捨てるわけにもいかず…(イメージ)
見捨てるわけにもいかず…(イメージ)

 相続や終活関係の手続きと言うと、「親子」の問題ととらえがちだが、実は「親戚」とのトラブルのほうが厄介で、面倒事が増えたり、思わぬ費用負担を強いられたりすることが多いという。中でもトラブルになりやすいのが介護。Aさん(53歳)は、ひょんなことから親戚の介護に関わり、地獄を見た。

「○○おじさんが心配だろ。身元引受人になってくれないか」

 ある日突然、親戚からの電話でそう頼まれたAさん。父の兄で、6人兄弟の長男である伯父が施設に入居するので、身元引受人になってほしいとのことだった。

「私の父はすでに亡くなり、親戚には『親が片付いたから伯父さんの面倒をみてもいいだろう』との考えがあったようです。伯父には小さい頃に可愛がってもらったし、施設は私の自宅の近所だったので、時々様子を見に行けばいいかと軽い気持ちで引き受けました。

 ところが伯父は気性が荒く、施設の職員や入居者に暴言を吐き、『これ以上暴れたら退居です』とイエローカードを突き付けられた。親戚に相談しても『お前が足しげく施設に通わないからだ』と逆に小言を言われました。引受人になった以上は見捨てることもできず、退去通告された時の手間や費用を考えると夜も眠れません」(Aさん)

「勝手なことをするな」と断絶状態に

 年老いた伯母を思う優しさが裏目に出た経験を持つのは、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏。

 独身のまま実家で暮らす80代の2人の伯母を心配した石渡氏は、月1回のペースで伯母の様子を見に、2人の住む札幌の実家を訪れていた。

 周囲に施設入所を勧められても、伯母は住み慣れた実家での生活を望んだ。その気持ちを汲んだ石渡氏は、2人が実家で暮らしやすいよう設備の修繕費を負担した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。