マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

1位は机の引き出し、2位は神棚… 宝くじ1000万円以上の高額当せん者の保管場所

2022年6月12日 7:00 マネーポストWEB

保管場所を忘れてしまわないよう注意(イメージ)
保管場所を忘れてしまわないよう注意(イメージ)

 今年の「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ」の抽せんは、どちらも6月13日に行なわれ、17日から当せん金の支払いが始まる。購入した人は「当たったら何に使おうか」と、期待に胸を膨らませているのではないだろうか。

 宝くじを購入した人は、買った宝くじを抽せん・支払日までどこに保管しているだろうか。これまで1000万円以上を当てた高額当せん者へのアンケート結果によると、最も多い回答は机の引き出し(23%)でした。2位以下は、神棚・仏壇(22%)、カバン・ハンドバッグ(15%)、タンス(11%)、財布(9%)と続いている。

 これまでのドリームジャンボ宝くじに関する保管方法として、四つ葉のクローバーを宝くじの間にはさむ(2001年・1等の前後賞5000万円当せん)や、お菓子の当たりマークの上に宝くじを置く(2004年・1等前後賞あわせて3億円当せん)というものもあった。ラッキーアイテムと一緒にしておくことで、高額当せんを手にした人もいるのだ。

 ただし、くれぐれもしまいっぱなしには注意してほしい。せっかく当せんしているのに、しまった場所を忘れてしまうと、換金できないからだ。実際、昨年の「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ」について、3000万円2本と1000万円3本が未換金となっている(4月20日時点)。支払い期限は6月15日なので、買った人は念のため再確認してみてはいかがだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。