マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

「打席に立て」「全員野球で」…おじさん社員が駆使する野球用語に若手社員ポカーン

2022年6月18日 16:00 マネーポストWEB

ホームラン級の成果を期待してるぞ!(写真:イメージマート)
ホームラン級の成果を期待してるぞ!(写真:イメージマート)

「鉛筆ナメナメ」「一丁目一番地」「ケツカッチン」……、おじさん社員が当たり前のように使っているビジネス用語の意味がわからないという若手社員も増えている。そうした用語の中には、野球、ゴルフ、麻雀などに由来する言葉も多く、かつてのビジネスマンにとっては「当たり前のたしなみ」だったものが、いまはそうではなくなっているということ。徐々にビジネスの現場でも死語になりつつあるが、根強く残っているのが野球用語だ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(48)が、野球に由来するビジネス用語の世代間ギャップについて考察する。

 * * *
 今の50代以上の男性社員のなかには、仕事の場で知らず知らずのうちに「野球用語」を使っている人も多いのではないでしょうか。私が若手社員だった頃も、特に上の世代の人たちほど、よく会議中やプレゼン前の道中で発破をかける時に、野球用語を駆使していましたね。

 ですが、最近の若い世代の人たちには、そんな野球用語はほとんど通じません。私はフリーになった27歳以降、IT系企業との付き合いが増え、その会社の若手社員と一緒に仕事をしてきました。

 この仕事は11年続き、だいたい毎年、新人社員と一緒に仕事していたのですが、2010年頃(当時、私は37歳)から、野球用語が通用しなくなったことを実感し始めたのです。もちろん、私も自分よりも年上のオッサンたちが使っていた野球用語を、敢えて昭和感を出してダサく使っていた面もあるのですが、そのダサさすら理解してもらえない。

 ある時、同社の女性新人社員が上司に怒られたことがあったのですが、私のような外注先には愚痴りやすかったのでしょう。そこで「私にはまだ先輩社員のような経験がないのに、同じようにできるわけないじゃないですか……」と嘆きました。そこで私は、彼女にこう言いました。

「打席に入る回数を増やせば、自ずと結果は出てきますよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。