マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

野菜高騰を乗り切るテクニック4か条

2016年10月30日 13:00

野菜高騰を乗り切るためのテクニックを紹介

野菜高騰を乗り切るためのテクニックを紹介

 相次ぐ台風に秋雨前線の停滞による長雨と記録的な日照不足によって野菜の価格高騰が続いている。首都圏のスーパーではレタスやホウレンソウなどに加え、従来なら価格が比較的安定していたニンジン、玉ねぎ、ジャガイモなども平年の2倍ほどの高値をつけている。ただでさえ苦しい家計がますますピンチに追い込まれるなか、野菜高騰を乗り切るためのテクニックを節約アドバイザーの丸山晴美氏(ファイナンシャルプランナー)が伝授する。

 * * *
【1】値上がりしにくい野菜類を狙う

 もやし、きのこ類など、比較的価格が安定している野菜類を上手に取り入れた献立を考えましょう。ただ、もやしは日持ちしないので、必要な分だけ買うようにして、もしも買いすぎてしまった場合は、袋の口を開けた状態で保存するといくらか日持ちします。

 従来は価格が安定していたはずのニンジン、玉ねぎ、ジャガイモが今年は高騰しています。たとえばジャガイモの代わりにカボチャやさつまいもを使う手もありますが、玉ねぎやニンジンは代用が難しい。

 そこでひとひねり! 玉ねぎやニンジンなどを「ふるさと納税」の返礼品にしている自治体も調べてみるとありますので、有効活用しましょう。ただし、配送日時を決められない場合もあるので、指定できる自治体を選ぶとよいでしょう。

【2】冷凍野菜をストックする

 冷凍野菜は1年を通して価格が安定していますが、定価で買うと意外に値が張ります。そこで狙い目はスーパーのプライベートブランド商品。それをセール時にまとめ買いすることです。なかでも、いんげん、ブロッコリー、ほうれん草、カボチャ、コーンなどは何かと使い回せてオススメです。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。