マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

野菜高騰を乗り切るテクニック4か条

2016年10月30日 13:00

 冷凍野菜でなくても、ブロッコリーやきのこは生のものを小房に分けて、ジップ式の袋に入れて冷凍保存ができます。特売でまとめ買いして冷凍しておく手もあります。

【3】乾物を常備する

 切り干し大根やひじきなら年中売られていて、価格もお手頃です。特に切り干し大根は自宅でも簡単に作れますので、冬場の安い時にまとめて作り、小分けにして冷凍保存しておくのもいいでしょう。自宅で作る場合は乾燥が甘くなってしまい、カビの原因になるので冷凍保存がおすすめです。

【4】プチ家庭菜園をする

 小ネギやプチキャロットなどちょっとした野菜ならプランターで育てることができます。収穫まで時間がかかりますが、早めに簡単にできそうな野菜でチャレンジしてみてはいかがでしょう。これからの時期であれば、小松菜や大根葉、青梗菜、ラディッシュ、リーフレタス、万能ネギがおすすめです。

 成功のコツは欲張りすぎないこと。小さいプランターで収穫できる量は限られるうえ、欲張ってたくさん植えてしまうと結局何も育たなかった、ということになりかねません。プランターの大きさを考えながら育てる野菜を選ぶようにすると、失敗も少ないでしょう。

 旬の食材が出回るこのシーズン。おつとめ品や見切り品はなるべく傷みが少ないものを選び、その日に使う分だけ買うようにしたい。何より食材を賢く使い分けて食費を節約しながら、おいしくいただきたいものです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。