マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

キリ番が幸運を呼ぶ?宝くじ100万円の当せん番号が「150000番ピッタリ」の珍事発生

2022年7月18日 16:00 マネーポストWEB

宝くじのキリ番は「当たりそうにない番号」か、「切りのいい幸運の番号」か(イメージ)
宝くじのキリ番は「当たりそうにない番号」か、「切りのいい幸運の番号」か(イメージ)

 6月24日に行なわれた第2597回関東・中部・東北自治宝くじ「幸運のクーちゃんくじ」の抽せんで、稀にみる珍事が発生した。なんと、2等100万円の当せん番号が各組共通150000番ピッタリだったのだ。

 このような数字は「キリ番」や「ラウンドナンバー」などと呼ばれ、過去には110000番(平成22年)、120000番(平成2年)、130000番(昭和46年)、160000番(昭和58年)が出ている。

 もしも、宝くじ購入時にこうした番号を渡されたら、「こんな番号は当たりそうにない」とか「別の番号に変えてほしい」と思う人も少なくないのではないだろうか。ちなみに、ほとんどの売り場では、購入した直後であれば、他の番号への交換が可能だという。ただし、窓口を離れてしまったら、売り場側の不手際が原因の場合を除いて、交換はできないことになっているので注意が必要だ。

 とはいえ今回の「幸運のクーちゃんくじ」で、ラウンドナンバーであっても当せんするということが明らかになった。どの番号であっても当せん確率は同じはず。宝くじファンの人がこれから先、こうしたくじ券を手にする機会があったとき、「当たりそうにない番号」と考えるか、「切りのいい幸運の番号」と考えるか、はたして──。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。