マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

【相続の備え】早めに確認しておくべき3つの財産項目「不動産」「金融資産」「借金」

2022年8月13日 15:00 週刊ポスト

帰省時に家族で話し合っておくべきことは?(イメージ)
帰省時に家族で話し合っておくべきことは?(イメージ)

 盆の帰省で久しぶりに親や兄弟姉妹と顔を合わせるなら、片づけておきたい話題がある。それが将来の「相続」だ。面倒な手続きや書類集めが必要なイメージがあってつい敬遠しがちだが、ズボラな人でも無理なく盆休み期間でこなせるように、相続の話し合いで「これだけは準備しておく」という必要最小限の備えを解説していく。

 相続は“とにかく面倒そう”と敬遠してきた人は、具体的に何から始めるべきか。

「今まで何もしてこなかったズボラな人は、相続税がかかるかどうかだけでも確認しましょう」

 そう語るのは、夢相続代表で相続実務士の曽根惠子氏だ。

「覚えておきたいのが、基礎控除を超えなければ申告などの手続きは不要だということ。相続を経験した人の9割には、相続税が発生していません。まずは、“申告しなくていいか”を確認しておくのです。10か月の期限を気にしなくていいとわかれば、慌てずに済みます」

 相続税には基礎控除があり、「3000万円+法定相続人×600万円」までの財産は課税されない。その控除額の範囲内に遺産総額が収まるなら相続税がかからず、申告手続きも不要となる。

「例えば妻と子2人の場合、遺産総額が4800万円までは相続税がかかりません。それを超える部分に対して、1000万円までは10%、3000万円までは15%といった累進課税が適用されるのです」(曽根氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。