マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

実家を売却して相続 兄弟半分ずつのはずが「弟にだけ相続税」の悲劇

2021年3月3日 15:00 女性セブン

なぜ兄の相続税はゼロになったのか?(イメージ)
なぜ兄の相続税はゼロになったのか?(イメージ)

 兄弟姉妹が遺産を巡って骨肉の争いを繰り広げる──ドラマや映画の中の話と思う人も多いだろうが、家庭裁判所における遺産分割事件の件数は右肩上がりに増えており、今や身近な問題となりつつある。特に、トラブルの火種となりやすいのが「不動産」を所有していた場合。亡くなった親や夫の自宅に住み続けたい人と、家を売ってお金にしたい人がいれば、どうしても揉めることになるのだ。

 京都府に住む野村さん(仮名)は、3人の兄を持つ4人きょうだいの妹。父親が亡くなった後、残された不動産を4人の共有名義にして相続したが、3人の兄たちが亡くなり、親族は妹である野村さんと兄たちの嫁だけになった。相続した家に住んでいた長男の嫁は「ここに住み続けたい」と主張したが、離れて暮らす次男と三男の嫁は「早く売ってお金にして分けてほしい」と揉めているという。

「家と土地を合わせると、評価額は1億円近くにもなるそうです。兄が生きているうちに売ってお金にしてしまえばよかったと税理士から聞き、悔やまれてなりません。兄嫁たちと私はもはや血のつながらない他人。円満に解決できるとは思えず、途方に暮れています」(野村さん)

 都内の高級住宅地として知られる世田谷区では、こんなケースもあった。母親が亡くなって、実家の「路線価」は5000万円とされた。子供は兄と弟の2人きょうだいで、どちらも自分の持ち家があったので「実家は売却して分けよう」という話になった。弟は「5000万円で売れるなら半分の2500万円もらえればいいから、兄さんがやっておいて」とのこと。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。