マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

資産価値低い郊外一戸建て 6000万円払ったのに500万円でも売れない現実

2021年5月27日 7:00

戸建て住宅を処分するのは大変(イメージ)
戸建て住宅を処分するのは大変(イメージ)

 自分がこの世を去った後、子にかかる負担はできるだけ少なくなしたいと思う親は多い。だが、自宅の売却や現預金の不動産化、生前贈与など、子供のためにしたことが裏目に出るケースもある。

 長年、住み慣れた自宅であっても「子供のため」を考えたら、“早めにたたんでおいたほうがいい”という考え方が根強くある。息子や娘に、片付けや売却などの負担をかけないため、“家じまい”を勧める情報やサービスが巷に溢れている。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏は「団塊前後の世代が持つ不動産資産は、その子世代にとっては価値がない」と指摘する。

「親世代にとっては、芝生のある郊外の一戸建てをマイホームにするのが理想であり、夢だった。近所には同じような年代の家族が住んでいて、洗車しながら会話を弾ませたり、週末に庭で一緒にバーベキューをしたりして盛り上がる生活を思い描いて、住宅を購入している。

 それが何十年か経つと、高齢者しか住んでいない街になるわけです。子世代にとっては、受け継いで移り住みたいとは思わないですよね」

 だからこそ、子供に迷惑をかけないようにと親が早めの処分を考えるわけだが、やり方次第では大失敗になる。

そんなに安いの!?

 関西地方に住む68歳男性は、60歳で勤め先の企業を定年退職後、別の会社に再就職した。自動車通勤から電車通勤に変わったことをきっかけに、郊外の戸建てを処分して駅に近いマンションに転居した。

「2人の子供が結婚して家を出たこともあり、私と妻が住むには広すぎるかなと考えて、築8年のマンションを買いました。自宅は不動産業者が買い取ってくれたので、貯金を取り崩してなんとかローンなしで購入できた。オートロックで防犯もしっかりしているし、スーパーやコンビニが徒歩圏にあって最初は快適でした。ただ、そのうちに子供たちが遊びに来ても泊まっていくスペースが足りないといった不満が出てくるようになった。

 しかも、戸建ての時にはなかった毎月の管理費や修繕積立金があり、大規模修繕の時には一時金の負担を求められることもあるという。戸建てなら自分で工夫しながら手入れして節約もできたけど、マンションだとそうはいかないとわかった。もちろん固定資産税もあるから、年金生活者には負担が大きい。しかも、マンションは築10年を超えると評価額がどんどん下がるとも聞く。不安ばかりが募ります」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。