マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

郊外の自宅を売って駅近マンションを購入した60代夫婦の大誤算

2020年3月17日 15:00

築40年の一戸建てを売却した夫婦の誤算とは?(イラスト:斉藤ヨーコ)
築40年の一戸建てを売却した夫婦の誤算とは?(イラスト:斉藤ヨーコ)

 子供たちが巣立ったいま、かつては「夢のマイホーム」だったわが家は、年老いた身で生活するには、古くて、不便で、もの寂しい──老後資金や生前整理の不安も重なって「家を売ったお金で小さな家に移り住み、新しい暮らしを始めよう」と考える人は多いが、決断を急いではいけない。住み慣れた家を売ったところで、お金も、安全も、やすらぎも、手に入るかどうかはわからないからだ。人生最期の瞬間に後悔しないために、わが家で何ができるか、もう一度見直してほしい。

 東京郊外に住むA子さん(62才)は、定年退職したばかりの夫(65才)と「家を売るかどうか」を検討中。

「いま住んでいるのは、25年前、上の子が小学校に上がるのを機に買った4LDKの中古一戸建てです。築40年ともなるとあちこち傷みが出てきていて…。リフォームするとかなり大規模になって、お金もかかりそう。子供たちが独立したので、こんなに広い家は必要ありません。夫も“引っ越すなら元気ないまのうちかも”と前向きです」

 A子さんの希望は、もっと駅近のマンションだ。

「これから年をとっていくことを考えると、駅まで遠いいまの家より、もっと買い物とか病院に行くのが便利なところがいいと思って。夫婦2人だから2LDKもあれば充分。一戸建てを売ったお金より1000万円くらい安く買えれば、その分、老後資金に余裕ができる。一石二鳥ですよね。夫と2人で海外旅行でも楽しんでこようかな」

 A子さん夫婦の現在の預貯金は、夫の退職金も合わせておよそ2000万円。マンションに引っ越せばそれが3000万円に増え、生活も便利になる──A子さんはそんな期待に胸を膨らませている。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。