マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

検討しなきゃ損! ライフスタイルで選ぶ電気料金プラン

2016年11月7日 16:00

ライフスタイルで選ぶ電気料金プラン

ライフスタイルで選ぶ電気料金プラン

 2016年4月の電力小売全面自由化によって8兆円と言われる一般家庭向け電力市場が開放されることになり、この市場を狙って、石油会社、通信会社、都市ガス、商社など350件に上る小売電気事業者が登録されている(以下、数字はいずれも2016年10月時点)。

 既存の一般電力会社は、電力使用量の多い需要者に対して割安な料金プランを提示。石油・ガス・商社等のエネルギー産業に関連する事業者は、保有する電源などを強みに割安な料金プランを、また、通信企業は携帯料金など主要事業とのシナジーを活かしたサービスを提示している。参入する業種によって料金プランが多様化し、電力市場は活性化している。

 東京エリアだけでも49の電力会社、176の電気料金プランがあり、全国だと72の電力会社、プランは580に達する。

 消費者個々のライフスタイルに合ったプランを選べばよいのだが、それぞれどんなメリットがあるのか検討すらしていない世帯も多いのではないだろうか。自分のライフスタイルにマッチするプランが見つかれば、電気料金の節約に繋がるのは間違いない。以下、例を挙げて比較検討してみよう。

 まず、従来から利用しているであろう東京電力(東京電力エナジーパートナー)の料金プランを見てみよう(現在、東京電力は合計9つのプランを提示しているが、比較のため、従来から存在する「従量電灯B」プランを契約しているとする)。

  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。