マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【ドル円週間見通し】FOMCで大幅利上げ見込みもドル円の上昇は限定的か

2022年9月18日 8:00 マネーポストWEB

今週のドル円はどう動く?
今週のドル円はどう動く?

 投資情報会社・フィスコが9月19日~9月23日のドル円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル円は上げ渋りか。米連邦準備制度理事会(FRB)は記録的なインフレ高進を受け、連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利上げに踏み切る公算。ただ、日本政府と日本銀行による円安けん制で、これまでのドル高円安の流れが巻き戻される展開に警戒したい。

 9月20-21日開催のFOMCの利上げ幅は0.75ポイントの追加利上げが決定される見込みだが、パウエルFRB議長はこれまで政策決定は「データ次第」と繰り返し述べており、市場では利上げ幅は1ポイントになるとの見方が増え始めた。実際にそうなれば、サプライスであり、ドル高円安の流れが加速する可能性がある。

 一方、日本銀行は21-22日開催の金融政策決定会合で、従来の緩和的な金融政策を堅持する。ただ、それに先立ち発表される消費者物価指数は強い内容が見込まれ、物価高の主要因である円安を阻止したい考えはあるようだ。ドル円が145円に迫った9月8日以降、政府・日銀の当局者から円安けん制の発言が相次ぐ。144円台後半で日銀によるレートチェックが報じられたほか、鈴木財務相は為替介入について「やる時は瞬時に」などと踏み込んで発言しており、1ドル=145円突破でドル売り・円買いの為替介入が実施される可能性がある。

【FOMC】(20-21日開催予定)
 FRBは9月20日-21日にFOMCを開催。予想を上回るインフレ指標で物価の高止まりは鮮明になり、0.75ないし1ポイントの追加利上げが行われる見込み。声明で利上げ継続の方針が伝えられた場合、ドル買い・円売り材料となりそうだ。

【日本銀行金融政策決定会合】(21-22日開催予定)
 日銀は21-22日開催の金融政策決定会合で、現行の緩和的な金融政策を維持する公算。ただ、足元のドル円相場は24年ぶりの円安水準で推移しており、日銀が円安進行について強い懸念を伝えた場合、リスク回避的なドル売り・円買いが広がる可能性がある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。