マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

本当に美味しいレトルトカレー調査【PBカレー編】1位は良品計画、2位以下も大激戦に

2022年9月25日 19:00 週刊ポスト

素材にもこだわる本格派も登場、安さも◎な「PBカレー」の数々
素材にもこだわる本格派も登場、安さも◎な「PBカレー」の数々

 定番からPB商品、名店やご当地など、進化を遂げるレトルトカレー。カレーを極める3人の審査員がレトルトカレーを食べまくって、「名店カレー」「定番カレー」「PB(プライベートブランド)カレー」「ご当地カレー」について本気で採点した。ここでは「PBカレー」の食べ比べ結果を発表する。

【審査方法】
・審査員はスパイシー丸山、小野員裕、原田順子の3氏が務めた。
・「名店」「定番」「PB」「ご当地」の各カテゴリーで相対的に評価し、各審査員が10点満点で採点。総合点は3氏の点数を合計した。

【審査員】
スパイシー丸山氏/カレー研究家、カレーマイスター講師。ブログ「カレーなる365日」はほぼ毎日更新。カレーにまつわるトピックを日々発信している。

小野員裕氏/カレー評論の第一人者で、横濱カレーミュージアムの初代名誉館長。書籍、雑誌、テレビなど数多くのメディアで活躍。今まで食べ歩いたカレー専門店は4000店以上。

原田順子氏/(株)オージーフーズ フードコーディネーター。通販番組、料理撮影、料理動画、コンビニのPOP、CM撮影など幅広く活躍。

 今回のラインナップは、『素材を生かしたカレー バターチキン』(良品計画)、『成城石井desica 骨付き肉を煮込んだ旨みたっぷりバターチキンカレー』(成城石井)、『ローソン 新宿中村屋 スパイス楽しむ 1/2日分の野菜カリー』(ローソン)、『みなさまのお墨付き カシューナッツ香る マッサマンカレー』(西友)、『カルディ バターチキンカレー』(キャメル珈琲)。

 この中から1位に選ばれたのが、『素材を生かしたカレー バターチキン』だ。3氏は以下のように評価している。

「やわらかなスパイス感と濃厚さが見事に調和」(スパイシー:8点)
「甘味が強く、酸味も心地よくない」(小野:6点)
「まろやかで女性が好きな味。お肉も食べごたえよし」(原田:10点)

 小野氏は今回の調査について「カレーのカテゴリーが増え、レトルト界もさらに華々しくなった。評価は味もさることながら、価格との対比も重視しています」と語っている。

取材・文/常井宏平 撮影/古川章

※週刊ポスト2022年9月30日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。