マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

米利上げ終了・景気後退局面でさらに値上がり期待も 「金投資」の賢い始め方

2022年10月17日 19:00 週刊ポスト

金への投資は、純金積立や金ETF購入などの方法がある(写真/AFP=時事)
金への投資は、純金積立や金ETF購入などの方法がある(写真/AFP=時事)

 国内で取引される金(ゴールド)の価格は、この数年右肩上がりとなっている。2018年には1グラム当たり4000円台だったが、直近では8000円近くまで上昇してきた。今後の見通しについて、金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎氏はこう語る。

「これからほぼ間違いなくアメリカを中心に景気が悪くなります。景気が後退すれば、米FRB(連邦準備制度理事会)はこれ以上、金利を上げられなくなり、むしろ下げる局面に入る可能性がある。その場合、安全資産である金が買われるようになって、金価格がさらに上昇すると見込まれます」

 景気が冷え込むと株価は下がるが、金は逆に値上がりを期待できるというのだ。また、ウクライナ危機などの影響もまだまだ沈静化にはほど遠く、その点でも「有事の際の安全資産」である金を買うメリットは大きそうだ。

 では、金投資はどのように始めればいいのか。

「現物の地金を買う方法もありますが、その場合はある程度のまとまった資金が必要になります。小口で始めるなら、純金積立と金の上場投資信託(ETF)のどちらかがよいでしょう。

 純金積立は、証券会社や三菱マテリアル、田中貴金属など貴金属を取り扱う会社を選んで、毎月3000円などと金額を決めて購入し、積み立てていく方式です。

 金ETFは証券会社に口座を開いて株式同様に購入する方式で、銘柄にもよりますが、数千円から買える商品もあります」(亀井氏)

 ETFを扱うネット証券のなかには、少額投資の場合に限り、売買の手数料をゼロにしている会社もある。少額で投資を始めるなら、そういった会社を利用するのも手だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。