マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

《スーパーマーケット総選挙2022総括》上位スーパーの「総菜の豊富さ、クオリティーの高さ」へのこだわり

2022年10月31日 6:59 女性セブン

第4回「スーパー総選挙」上位5
第4回「スーパー総選挙」上位5

 食料品から日用品まで、さまざまなものが値上がりしている昨今、家計を預かる者にとって「少しでも安くいいものを」と願う気持ちはより一層強くなっている。そんな日々の欲求を叶えてくれる場所のひとつがスーパーマーケットかもしれない。3年ぶりに開催された待望の総選挙。あなたが推すスーパーはランクインしたのか。2万4844人が出した答えは──。【前後編の後編。前編から読む

 TBSラジオの生活情報番組『ジェーン・スー 生活は踊る』が主催する名物企画「スーパー総選挙2022」の結果が、10月20日に出揃った。3年ぶり、今年で4回目となるこの企画は、ラジオリスナーがイチオシのスーパーマーケットをメールと番組ホームページの投票フォームで投票。9月5日から10月19日までの得票数でランキングを決定する。

 第1位に輝いたのは「オーケー」だ。第1回から4連覇を成し遂げ、絶対王者ぶりを見せつけた。以下、2位には、埼玉を代表する地域密着型スーパー「ヤオコー」、3位には「ライフ」が入った。

 今回の総選挙の特徴は、「総菜の豊富さ、クオリティーの高さ」が投票理由の多くを占めたことだった。番組プロデューサーの刈屋瑛子さんが話す。

「上位のスーパーは、マストというくらいお総菜に力を入れているように感じます。コロナ禍で世のお母さん、お父さんたちは3食作ることが苦痛になった。そんなときに頼りにしたのがスーパーの総菜だったのではないでしょうか。

 例えばライフは『BIO-RAL』というオーガニックのプライベートブランド(以下PB)を始めましたが、そのお総菜がものすごくおいしいんです。ロピアは精肉店から始まったので、PBのベーコンやハムもおいしいし、お肉系の揚げ物の味も素晴らしいと評判です。また、ベイシアが前回から大きく順位を上げたのも、お総菜の種類の多さが理由だと思います」

 さらに、今年に入って何度も押し寄せてきた値上げの波は、スーパーに苦渋の決断を迫ったが、「それでもなんとか家計を応援したい」という熱が伝わるスーパーに投票が集まったようだ。

 たとえば1位を獲得したオーケーは、他の追随を許さないほどの低価格を実現している。理由のひとつとして、商品の仕入れ方に特徴がある。商品の数を絞り込むかわりに、トップシェアにはこだわらず、特定のメーカーのものを大量に仕入れる。そうすることで、売価を下げるという仕組みをとっているのだ。

 また、刺身パックにはツマや装飾(バラン、菊の花)をつけないなど、省けるところは徹底的に省くという姿勢を貫いている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。