マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

転職や副業で稼げる資格 登録販売者、家電製品アドバイザー、WEBライティング能力検定など

2022年11月7日 15:00 週刊ポスト

「登録販売者」の資格があれば、ドラッグストアの時給アップも期待できる(時事通信フォト)
「登録販売者」の資格があれば、ドラッグストアの時給アップも期待できる(時事通信フォト)

 物価高を乗り切るには、自身の稼ぎを“インフレ”させるのもひとつの手だ。とはいえ、中高年が転職や副業で稼ぎたいのであれば「スキル」が必要となる。独学で850以上の資格を取った資格アドバイザーの鈴木秀明氏が語る。

「まずはこれまでのキャリアで培ったスキルの棚卸しが必要。営業職でやってきた人なら、顧客とのコミュニケーション力を活かすことを考えたうえで資格をプラスすると“稼ぎやすい”シニアライフを送ることができます」(以下「 」内同)

 では、具体的にどんな資格が有効なのか。今から取得可能な仕事に結びつく資格を聞いた。鈴木氏がまず挙げたのは、登録販売者だ。

「ドラッグストアや薬局などで、市販薬(第二類、第三類医薬品)を販売するための専門資格です。薬剤師と一般の販売員の中間のような資格で、専門用語の多い医薬品の説明書などについて、客からの質問に的確に答えるのが仕事。試験は都道府県ごとに年1回実施され、受験資格は特になし。この資格があれば、ドラッグストアなどで時給アップが期待できるはずです」

 続いては危険物取扱者乙類第4種。ガソリンスタンドでの仕事で時給アップが期待できる。

「ガソリン、灯油、軽油、重油といった特定の危険物の取り扱いに必要な資格で、スタンドにはこの資格保有者が常駐する必要があり、需要の多い資格です。試験そのものは難しくありませんが、理系の知識が必要です」

 都道府県ごとの試験は地域によって時期が異なるので、試験日が合わなければ、別の都道府県で受験できるという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。