マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

50才からの資格取得 保育士やカウンセラーが人気の一方、医療事務は需要減少

2022年7月21日 15:00 女性セブン

50代から資格取得を目指すならどの業種を選ぶか(イメージ)
50代から資格取得を目指すならどの業種を選ぶか(イメージ)

 今年1月、アメリカ在住の元NHKアナウンサーの久保純子さん(50才)が、自身のインスタグラムでニューヨークの幼稚園教諭として新たなスタートを切ったことを報告した。

 人生100年時代、老後の生活資金を得るためにも、いつまでも働きたいと考える人が増えた。だが、50代からの就職は簡単ではない。中高年になっても稼げるようになるためにはやはり、資格取得が近道かもしれない。

その資格、老後も役に立ちますか?

 50代からの資格を生かした仕事・副業は、大きく「バイト系」「独立起業系」「内職系」「SNS系」の4つに分けられる。現在800以上の資格を持つ、資格・勉強コンサルタントの鈴木秀明さんが言う。

「パートやアルバイトなら、関連する資格を持っていると有利です。採用されやすいだけでなく、昇給もねらえる。例えば、ガソリンスタンドでは危険物取扱者資格が重宝されますし、医薬品の登録販売者の資格があれば、ドラッグストアで資格手当が出ることもある。

 ネイルアートやヨガが好きなら、自宅などで“プチ独立開業”ができる。協会のインストラクターなどの資格があれば、スキルの証明になります。一方、翻訳などの内職系では、資格よりもスキルが重要視されやすい。最近ではユーチューブやインスタグラムでバズって稼ぐ、SNS系の人も増えています」

 資格取得アドバイザーの中村一樹さんは、「資格を取るなら、10年、20年先を見据えてほしい」とアドバイスする。

「新しい分野にチャレンジする場合はもちろんのこと、いま働いている職場で必要な資格がある場合も“定年後も使える資格かどうか”が大切。また、今後一層テレワークが浸透していくのはもちろん、自分自身が介護などで従来の働き方ができなくなる可能性も考え、オンラインでできる仕事につながるかどうかも重要な視点です」(中村さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。