トレンド

生活の中で役に立つ「数字ネタ」ライフハック 「割引の見極め方」と「行列の待ち時間予測」

様々なシーンで役立つ「数字の小ネタ」を紹介

様々なシーンで役立つ「数字の小ネタ」を紹介

 子供の頃から、算数や数学が苦手で、“大人になってもこんなもの使うはずがない”と思っていた人もいるかもしれない。しかし、日常生活のあらゆる場面で数字は欠かせないもので、知っていれば得することも多い。

「このところ、大人になってから算数を学び直す人が増えています」と言うのは、数学者の横山明日希さんだ。

「数独や数式パズルなどを脳トレ目的で楽しむ人もいますが、近年多いのは、お子さんやお孫さんが小学校に入るタイミングで学び直すケース。子供や孫に算数を教えたいという思いから、大人のための算数教室に通ったり、テキストを購入するかたが増えています」(横山さん・以下同)

 算数ができるようになり、知識が増えると、子供たちから一目置かれる存在に。

「習い事としても、短歌や俳句であれば感性がものをいい、ある意味、好みが分かれますが、数字の世界ははっきりと答えが決まっているので、わかりやすいんです。それでいて、できると『すごい!』と言ってもらいやすい。小ネタやうんちく、計算方式の裏技もちょっと知っておくだけで、仲間内でも盛り上がります。算数の知識はコミュニケーションツールとしても使え、世界が広がりますよ」

 そこで、「数学のお兄さん」こと横山さんに、すぐに役立つ数字を使ったライフハックを教えてもらった。

スーパーの割引にダマされない

「たとえば1000円のお弁当が3割引で売られていたとします。1000円の1割は100円なので、3割引の場合は、1000円-300円=700円になります。

 ところが、『さらに2割引にしますよ~』と、セールの呼びかけがあったとします。ここで、『あら、3割引からさらに2割引かれるんだから、半額ね!』と思ったら大間違い! 実は、700円の2割は140円なので、700-140=560円になります。

 一方、1000円の5割引は半額なので500円ですが、追加値下げで購入する場合、60円も高く買うことになるんです。お得に見えても、実は裏があることを覚えておきましょう」

●ポイント
【A】追加値下げの場合
 商品の元の金額から3割を引く→3割引いた金額から、さらに2割を引く

【B】元から半額の場合
 商品の元の金額を半額にする

 つまり【B】の方が安く購入できる。

関連キーワード

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。