マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

世界同時株高へ トランプ大統領は何をどうしたいのか?

2017年2月1日 17:00

 逆に言えば、アメリカへの貿易で儲けている特定の中国企業を挙げることは難しい。銘柄では、裕元工業(00551)、富智康集団(02038)、創科実業(00669)などを挙げられなくもないが、この内、2社は台湾系企業である。中国企業にとってアメリカへの輸出業務はあまり儲からないうまみの少ないビジネスである。中国企業にとって最も重要なのは、世界第2位の規模で高成長を続ける中国市場である。

 しかし、日本はそうではない。日本の輸出産業に占める自動車のウエイトは大きい。トヨタはアメリカでのビジネスで、大きな利益を得ている。さらに、ライバルとなるアメリカ企業が存在する。その点が、中国との大きな違いである。

 トランプ大統領が「貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下される」(アメリカ第一主義)、「保護主義こそが偉大な繁栄と強さにつながる」と考える以上、アメリカで巨額の利益を得ているトヨタは恰好の攻撃対象となってしまう。

 フォルクスワーゲン(VW)は2015年9月、アメリカにおいて排ガス規制に関する不正を問われ、アメリカ市場で厳しい状況に追い込まれたが、以前から中国重視戦略を採っている。中国は生産台数において世界最大の市場となって、既に8年が経過している。トヨタも脱アメリカを選択する日が来るのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。