マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日経ヘイキンズ ITバブル崩壊で大型補強が大失敗の過去

2017年2月21日 7:00

ITバブル崩壊で大型補強が大失敗の過去も

ITバブル崩壊で大型補強が大失敗の過去も

 2月14日、株式市場に激震が走った。東芝が米原子力事業で発生した損失によって債務超過に転落していることが発覚し、同日に予定されていた決算発表(2016年4~12月期)は延期。翌日の東芝の株価は一時、前日比13%安まで急落した。3月末での債務超過も避けられず、東証1部から2部への「格下げ」が確実視されている。この事態をフィスコの株式・為替アナリストの田代昌之氏はこう評す。

「これまでに何度も故障(損失)を隠してマウンドに上がっては大炎上を繰り返してきた投手が、また同じ失敗をやらかした。これじゃあ、“球団”としても戦力外にして放出せざるを得ないのではないか」

 田代氏がここでいう“球団”とは「日経ヘイキンズ」のことを指す。本誌でも何度か取り上げてきた、「日経平均株価の動きをプロ野球チームにたとえてみる」という“修辞法”である。

 もともとは日経平均が年初から5営業日連続で下落した2016年1月8日、ネット上に〈日経ヘイキンズ 開幕5連敗〉という書き込みがあったのがきっかけで広まった表現方法だ。たとえば、取引開始直後から日経平均が大きく上げれば「序盤から大量リード」などと表現し、相場の動きをわかりやすく、臨場感を持って伝えることができる。

 この日経ヘイキンズの所属選手は、1部上場企業の中から選ばれた225銘柄。田代氏が「放出」という言葉を使ったことからわかるように、日経ヘイキンズには選手の入れ替えがある。毎年10月の定期入れ替えでは新加入の移籍組に注目が集まるのが恒例で、最近では楽天(2016年10月)や大塚ホールディングス(2017年1月)が加入した。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。