マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日経平均銘柄は特定業種に偏りバランス悪い、大胆な変更を

2017年2月24日 16:00

日経平均構成銘柄は特定業種に偏りも

日経平均構成銘柄は特定業種に偏りも

 本誌でも何度か取り上げてきたが、「日経平均株価の動きをプロ野球チームにたとえてみる」という“修辞法” が「日経ヘイキンズ」だ。銘柄によってヘイキンズの成績への寄与度は異なり、現在の構成で寄与度が高いのは値嵩株の代表格といわれるファーストリテイリングだ。

 しかし一方で、東証きっての値嵩株であるキーエンスや任天堂などがチーム構成から漏れていたことにこそ、ヘイキンズの弱点があるとの指摘もある。

「似たような選手ばかり支配下登録しているんです。現在の225選手の内訳をみると、電気機器28銘柄、自動車10銘柄、機械16銘柄、化学17銘柄、銀行11銘柄、食品11銘柄、非鉄・金属12銘柄と、7業種で105銘柄を占めている。同ポジションの選手ばかり抱えているようなもので、バランスの悪いチーム作りといわざるを得ません」(フィスコの株式・為替アナリストの田代昌之氏)

 なぜそんなチーム構成になってしまったのか。証券アナリストの植木靖男氏が解説する。

「言葉は悪いですが、ロートル選手がずっと居座っていて、新しい選手が入る余地がないからです。ヘイキンズの225銘柄を見ると、いまだに昔ながらの重厚長大、製造業中心のチーム構成になっている。先進国ほどサービスや消費、観光などの産業が発展している。それなのにフロントは若手を獲ろうとしない」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。