マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

日経平均銘柄は特定業種に偏りバランス悪い、大胆な変更を

2017年2月24日 16:00 週刊ポスト

 そう指摘した上で、植木氏はこんな補強を提案する。

「例えばサービス産業でトップクラスのリクルートホールディングス。労働力不足が叫ばれる今、人材派遣が大きな作業になってきているので、テンプホールディングスもいい。観光・旅行業ナンバーワンのエイチ・アイ・エスなどは、ファンが加入を待ち望んでいる選手の代表格でしょう」

 田代氏は、知名度より伸びしろを優先する視点が重要と指摘する。

「一般には名前に馴染みのない高卒ルーキーのような存在のほうが加入後に値上がりしてチームに勢いをつけてくれる。物色テーマのAI関連で、テクノスジャパンやFRONTEO、ブレインパッドなどは、今季は良い成績を上げることになると期待できます」

 大胆なチーム改革が必要というわけだ。

日経ヘイキンズから放出すべき選手は?

 では、新しい選手が加入した時に、放出されるのはいったい誰か。真っ先に自由契約になりそうなのは、かつてクリーンアップを担った東芝だ。株価大暴落でチームに迷惑をかけた責任は重い。半導体部門の子会社化などの延命策を模索するというが、カムバックは厳しそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。