マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

非課税投資の最終形「つみたてNISA」 総額は20年で800万円

2017年2月24日 13:00

NISAの最終形が登場か(写真:アフロ)

NISAの最終形が登場か(写真:アフロ)

 非課税で投資できる期間が20年に──。新しいNISA(少額投資非課税制度)のしくみが2018年に登場することになりそうだ。12月に公表された2017年度の税制改正大綱で、これまでのNISA、未成年者向けのジュニアNISAに加え、「積立NISA(つみたてNISA)」の創設が明記された。

 積立NISAは定期・定額での積立投資に限定した制度で、年間40万円までの投資の利益が20年間非課税となる。現行のNISAは年間120万円まで投資できるうえ、積立も可能なので、それで十分という考え方もあるが、現行制度は非課税期間が5年であるのに対し、積立NISAは20年という長期投資が可能になる点が大きなメリットだ。20年間上限まで積立を続ければ、投資総額は800万円となり、現行NISAの600万円(120万円×5年)を上回る。

 ただし、現行NISAと積立NISAは同時に使うことは認められず、どちらかを選択することになる。2014年から現行NISAをスタートした人の場合、現行NISAが利用できる2018年はどちらかを選んで投資することになる。

 このままでは現行NISA、未成年者向けのジュニアNISA、積立NISAと3つの制度が混在することになり、非常にわかりにくい。税制改正大綱では、少額からの積立・分散投資に適した制度への一本化を検討するとしており、いずれ3つの制度を積立NISAに一本化していくと考えられる。

 積立NISAの投資対象は、償還日が定められていないか20年以上先に設定された、長期分散投資ができる投資信託で、毎月分配型ではないこととされており、オーソドックスなインデックスファンドが中心になりそうだ。投資対象を選ぶのが難しい初心者でも、積立NISAを利用する限りは大きなリスクをする心配は少なく、投資の裾野を広げるには良い制度といえるだろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。