マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

eMAXIS新シリーズ登場で投信の信託報酬競争どうなる

2017年3月22日 16:00

 主要なインデックスファンドの信託報酬について、他社よりも常に低くするという。つまり、他社が引き下げたら、追随してさらに引き下げる、ということである。何やら家電の販売を連想させるが、その大胆な発想は評価できる。

 信託報酬は保有期間中にずっとかかる手数料で、投資信託のコストの中ではもっとも大きな負担となるもの。こうした動きがさらなる引き下げ競争につながるのか、注目したい。なお、eMAXISの新シリーズ『eMAXIS Slim』は、2月末から4本のラインナップでスタートしている。

 よく、インデックスファンドについては、市場平均を上回るパフォーマンスを目指すアクティブファンドとどちらが有利か、という議論があるが、こと海外株式に投資するファンドの場合、インデックファンドを上回る運用成績を出すアクティブファンドは、見当たらないのが現状だ(国内株式にはかなりある)。

 保有するポートフォリオが国内株式に偏っている人は、昨今の信託報酬引き下げの動きが、海外株式のインデックスファンドに投資するいいタイミングになるのではないか。

※マネーポスト2017年春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。