マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

IPO株を上場初日に売買するデイトレード戦略

2017年4月4日 16:00

 実際、2016年IPO銘柄の上場当日のパフォーマンスを見ると、初値が天井だったのはわずか2銘柄。すべて初値がついた後も値上がりし、その初値から高値の平均騰落率は9.9%となっている。一方、上場当日の初値と終値を比べた平均騰落率はマイナス1.9%だった。

 例えば、2016年12月22日に上場したエイトレッド(マザーズ・3969)は4210円で初値がついた後、わずか5分間で4910円のストップ高まで跳ね上がった。

 このように、IPO株を初値で買って、あまり欲張らずに初値より9~10%の高値で売る指値注文をしておく戦略を取れば、非常に高い確率で利益を出せるということだ。

 さらに成功率を上げたければ、新興銘柄で、市場からの調達額が5億円未満で、ベンチャーキャピタルの保有がなく、主要株主にロックアップ(売却制限)がかかる、といった点が銘柄選びのポイントとなる。

 こうした銘柄は上場日に売り圧力が出にくいので、この投資戦略の成功率は増すはずだ。

※マネーポスト2017年春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。