マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

新富裕層が注目 「100万円未満の絵画購入」の節税術

2017年4月10日 16:00

 税制変更によって節税枠が引き上げられる一方で、絵画を安値で仕込む好機が続いており、ひそかに100万円未満の絵画を買い漁る新富裕層も登場しているほどです。

 加えていえば、相続に伴って絵画を手放す旧来の富裕層が増えていることなどから国内価格は下落していますが、海外ではインフレヘッジの手段として絵画の購入が進んでいるため、海外の方がより高く評価される絵画もあります。

 内外格差という「市場の歪み」をうまく活用できれば、節税効果だけでなく、国内で安く買って海外で高く売るという資産運用につながることも期待できます。

 新富裕層にとっては「守り」を固めつつ「攻め」に転じることもできる手法として、今後注目が高まるかもしれません。

※マネーポスト2017年春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。