マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

あなたの閲覧履歴が売買される? ネットビジネスに大きな影響も

2017年4月10日 16:00 マネーポストWEB

ネット閲覧履歴の販売が認められることになりそうなアメリカ。日本ではどうなる?
ネット閲覧履歴の販売が認められることになりそうなアメリカ。日本ではどうなる?

 あなたのインターネットの閲覧履歴が売買されるかもしれない──。そんな法案がアメリカで可決され、ネットユーザーたちを不安にさせている 。

 オバマ政権下の連邦通信委員会は2016年10月、“インターネットサービスプロバイダ(ISP)はユーザーの同意なくブラウジングの履歴を販売してはいけない”という個人情報保護に関するルールを制定。しかし、GoogleやFacebookとったサイト運営業者はユーザーの情報を売却できるということで、共和党が不当性を指摘。政権交代後、トランプ政権が廃止を求めていた。

 そして今回、そのルールを破棄する法案が、アメリカの上院と下院で可決し、あとはトランプ大統領が署名すれば法案が成立するという状態だ。そして、トランプ大統領はもちろんこの法案の推進派であり、いわばアメリカにおいてISPによるユーザーのネット閲覧履歴販売が認められるのも時間の問題という状況になっている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。