マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

新幹線 自由席を確保するテクニック6選

2017年4月16日 11:30

ちょっとした工夫で座れる確率が飛躍的にアップ

ちょっとした工夫で座れる確率が飛躍的にアップ

 2016年3月に北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開通し、北海道から九州まで新幹線で移動できるようになった。確実に座席を確保するためには指定席をとるのが一番だが、さまざまな理由で自由席に座らざるを得ないこともあるだろう。20年来の鉄道ファンの男性が、新幹線の自由席に座るテクニックについて語る。

【その1】偶数号車を狙う

「例えば東海道新幹線ののぞみN700系の場合、1号車から3号車が自由席ですが、1号車の座席数は65名、2号車の座席数は100名、3号車の座席数は85席です。奇数号車にはトイレがあり、加えて1号車には運転席があるため、座席数が少ないのです」

 同氏によれば、「基本的には端の車両に行けば行くほど空いている」傾向が高いそうだが、1号車と2号車の座席数の差は実に35席。「奇数号車=トイレあり」の法則は、東北新幹線や北陸新幹線などでも同様だという。

【その2】「0分発」は避ける

「これは新幹線や特急で列車を選ぶ際の鉄則なのですが、“ちょうど発”の列車は避けたほうが座りやすい。新幹線や特急の発車時刻はある程度パターン化されており、たとえば東海道新幹線の場合、東京駅から毎時0分発に“のぞみ”が出ていますが、これに乗りたがる人が多いんです。時間に余裕があるなら、“0分発”や“30分発”の列車はやめたほうが座れる可能性が高まります」

 確かに“ちょうど発”は、時刻が覚えやすく、待ち合わせにも便利だが、それゆえに混むというのは理解しやすい。

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。