マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

朝鮮半島緊張 日経平均年初来安値の中、上昇する銘柄も

2017年4月17日 7:00

日経平均株価が下落する中で上昇する銘柄も

日経平均株価が下落する中で上昇する銘柄も

 朝鮮半島の緊張がかつてないほど高まっている。4月7日、米海軍駆逐艦2隻がシリア中部の空軍基地に巡航ミサイルを発射。シリアへの化学兵器の密輸疑惑が囁かれる北朝鮮にも強い「警告」を与えた形となった。トランプ大統領は、続けざまに原子力空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島沖に派遣した。

 北朝鮮はそうした動きに対し、「米国による先制攻撃の兆候があれば米国を核攻撃する」と激しく反発。先鋭化する米朝の対立を世界中が固唾を飲んで見守っている。国際政治学者の藤井厳喜氏が解説する。

「有事が迫っている背景には、トランプ氏の強硬姿勢に加えて、これまで北朝鮮のバックについていた中国の態度の変化があります。金正恩政権がミサイル発射実験を頻繁に行ない、金正男の暗殺まで実行する状況を見るに、中国の北朝鮮に対する統制力がなくなってきている。ですから、シリアのアサド政権を支持するロシアが米国のシリア攻撃を黙認したように、米国の北朝鮮への軍事攻撃を中国が黙認する可能性は十分に考えられます」

 米国の攻撃があるとすれば、対象は大陸間弾道ミサイル発射基地などへの限定的なものになるとみられている。ただし、北朝鮮側が反撃に出れば、陸海空軍合わせて約60万人の韓国軍と約2.5万人の在韓米軍の連合軍が、約100万人の北朝鮮軍と対峙する最悪のシナリオも起こり得る。経済評論家のぐっちーさんこと山口正洋氏はこう指摘する。

「万が一の事態があれば、日本経済への影響は大きいと思います。北朝鮮が徹底抗戦に出て、ソウルが戦場になるようなことがあれば、韓国に対する貿易黒字が年間2兆~3兆円に達する日本経済への打撃は大きい」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。