マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

朝鮮半島緊張 日経平均年初来安値の中、上昇する銘柄も

2017年4月17日 7:00

 だからこそ、地政学リスクを懸念した売りが先行し、米国によるシリア攻撃以降、日経平均は年初来安値をうかがう展開が続いている。

 ただし、そうした緊迫する情勢のなかで、上昇している株もある。マーケットアナリストの平野憲一氏が指摘する。

「国内マーケットが軒並み様子見になる中、一部の防衛関連株に上昇の動きがあります。細かな防衛部品・軍需部品を製作する石川製作所や、赤外線など防衛市場向けシステムを扱う日本アビオニクスの株などがそうです。さらには、国内唯一の小銃メーカーである豊和工業や、発煙筒や火薬などの防衛・軍需品を扱う細谷火工の株価も値上がりしています」

 米国でも同様に、シリア攻撃に使用された巡航ミサイル「トマホーク」を製造するレイセオンや、ロッキード・マーティン、ボーイングなどの航空機メーカーの株に買いが入っている。

※週刊ポスト2017年4月28日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。