マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

薬は3か月分まとめて処方してもらう他、医療費節約のテクニック

2017年4月27日 16:00

「家計に過度な負担を与えないよう、患者が1か月に自己負担する金額に上限を設けた制度です。現在、70才未満の人の限度額は収入に応じて5段階に分けられています」

 例えば月収40万円のサラリーマンの場合、【8万100円+(総医療費−26万7000円)×1%】で、仮に総額100万円の治療を受けても、自己負担は9万円弱で済む。

「事前に自身の加入する健康保険組合に『限度額適用認定証』を発行してもらい、病院の窓口で提示すれば、最初から限度額までの支払いでOKとなります」(早川さん)

 万一この制度を知らないで3割を自己負担してしまっても、健康保険組合に申請すれば超過分は払い戻しが受けられる。

薬は3か月分まとめて処方してもらう

 高額療養費制度には、過去1年間に高額療養費に該当する月が3回あった場合、4回目からはさらに自己負担額が下がる「多数回該当」という仕組みがある。

 前述の月収40万円のサラリーマンの場合、4回目以降は自己負担が4万4400円まで下がるのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。