マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

電通・博報堂を遥かに凌駕する下請け企業のブラック度

2017年5月6日 16:00

下請け企業ほどブラック化しやすい構図とは

下請け企業ほどブラック化しやすい構図とは

 昨年、大手広告代理店・電通の新入社員の過労死事件が発覚して以降、恒常的な長時間労働のスタイルが定着している広告代理店の多くが「ブラック企業」ではないか、と指摘されることが増えている。あらためて、広告代理店は本当にブラックなのか? かつて広告業界に籍を置き、現在も数多くの広告関連業務に携わっているネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。

 * * *
 ブラック企業といえば、「低賃金」「長時間労働」「貧困な福利厚生」が揃い、さらには「パワハラ上司」という要素も加われば完全なるものとなるだろう。私は今年3月末に『電通と博報堂は何をしているのか』(星海社新書)という単行本を上梓したが、執筆にあたり、それなりの数の電通・博報堂の社員に取材をした。ところが、正社員は誰も両社のことを「ブラック企業」とは思っていないのである。

 両社とも「長時間労働」はあるものの、給与水準は世間よりも高く、仕事内容自体も世の中の多くの人の目に触れる達成感のあるものが多い。そうした点から、ブラック企業の定義から外れていると考えている者が多いのだろう。だが、ネットを見ていると、両社はブラック企業の権化のごとき扱いをされている。当然両社にもパワハラを受けていたりする社員はいて精神を病む「ブラック労働」をしている者は多いが、同じ規模の他社と比べてその率が高いか低いのかは分からない。

 その一方、広告・広報業界でも確実に冒頭の3つの条件が揃った企業はある。それは下請け企業である。制作会社、PR会社、デザイン会社、イベント会社などが該当するのだが、彼らは広告制作においては「川下」である。上流から流れてきたお金が次々と仲介業者の懐に入り、最終的に手を動かす彼らにはそれほど残らなくなる。これはテレビ番組でも同様である。かつて『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)が、「納豆でやせる」という捏造番組を作ったが、スポンサーから局に渡されたカネは1億円だったにもかかわらず、最終的な下請け制作会社に渡ったカネはわずか860万円だったと言われている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。