マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

目的地より先まで買ったほうが安くなる? JR「往復割引」のテクニック

2017年6月3日 11:30

遠くまで買ったほうが切符が安くなるケースも
遠くまで買ったほうが切符が安くなるケースも

 電車の運賃は「乗っただけ払う」のが基本的なルール。少しでも乗る距離を短くすれば、運賃はそれだけ安くなるが、ある条件下では、目的地より先までの切符を買ったほうが安くなることがある。それが「往復割引」だ。

 JRの窓口で新幹線や特急などの切符を買うと、駅員に「往復ですか?」と聞かれるので、往復切符が買えることをご存じの方は多いだろう。往復割引のルールは非常にシンプル。片道のキロ数が601kmを超えれば、乗車券が1割割引される。

 例えば、東京~姫路間の新幹線(自由席)の片道切符は1万5120円なので、切符を片道ずつ買った場合、往復は3万240円。しかし同区間は601km以上あるので、往復で買えば乗車券が1割安くなり(9830円→8840円)、往復で2万8260円と、2000円近く節約できる。

 これを応用したのが、「目的地より先までの切符を買う」という方法だ。本来の目的地までの距離が601kmにギリギリで足りない場合、601km以上になる駅までの往復切符を買ってしまえば、「1割割引」のルールが適用される。601km以上かどうかを判断するには、乗車券の料金を確認すれば一目瞭然。9610円以上ならば601km以上だ。後はその往復切符で目的地を往復すれば良い。余分に買った区間に乗らないのはルール違反ではない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。