マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

子供の医療費、国や自治体の手厚い保障はこんなにある

2017年5月31日 15:00

小児慢性特定疾病の医療費助成で難病対策

 18才未満(引き続き治療が必要だと認められると20才未満)の子供が、小児がんや白血病、心臓病、糖尿病など「小児慢性特定疾病」の対象になる病気になると、医療費の助成を受けられる。

 例えば、保護者の年収が850万円未満(家族構成は夫婦2人、子供1人)なら、毎月の自己負担限度額は1万円、重症の場合は5000円でよい。入院時の食事代も通常の半額になる。

ひとり親家庭医療費助成ならば、親の医療費もケア

 母子家庭や父子家庭、両親のどちらかに重い障害があるなどの家庭の親と子供は、医療費の自己負担分の全額、または一部を助成してもらえる。

「助成期間は、子供が18才の年度末まで(障害のある子供は20才の年度末)。所得制限はありますが、ひとり親家庭の場合は親子ともに医療費の負担を抑えられるので、安心して医療にかかってください」

 このように、子供の医療費に関しては手厚い国や自治体の保障がある。医療費助成期間中は、子供の医療費の心配はほとんどない。子供名義で民間の医療保険に加入しても、それは必要のないものにお金を支払っていることになる。つまり、即解約したほうがいいといえる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。