マネー

妻が亡くなった場合にもらえる遺族年金、加入制度別に解説

国民年金(第1号被保険者)の場合

 年金制度には、いくつかの種類がある。そのひとつが、『第1号被保険者 国民年金』。第1号被保険者は、国民年金を支払っている自営業者とその家族や農林漁業者、自由業者、学生などのことで、20~60才までが加入できる。保険料は、毎年度決められる。

 国民年金で、もらえる遺族年金の種類は3つあり、いずれか1つを受給できる。

・遺族基礎年金
 国民年金に加入して老齢基礎年金の受給者や、受給資格がある人が死亡したときに、一定の要件を満たす遺族に給付される年金。

・死亡一時金
 国民年金の第1号被保険者として3年以上保険料を納め、老齢基礎年金や障害基礎年金を受けたことがない人が、亡くなったときに給付される。

・寡婦年金
 国民年金の25年以上納付などの要件を満たした夫の死後、それまでに10年以上継続して婚姻関係にあった、18才未満の子のない妻に、60~65才に給付。

厚生年金(第2号被保険者)の場合

 続いては、『第2号被保険者 厚生年金』。第2号被保険者は厚生年金を支払っている人のこと。会社員や公務員などが就職した時点で加入する。保険料は月給に応じて変わり、半分は会社が負担。退職するまで加入できる。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。