マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

家賃は安いが光熱費は割高 地方移住で気づいた「意外と物価が高いもの」

2021年7月31日 16:00 マネーポストWEB

地方移住して意外なモノの物価の高さに驚くことも(イメージ)
地方移住して意外なモノの物価の高さに驚くことも(イメージ)

 東京と違って地方都市に住めば家賃も物価も安いから、収入が少なくても充分生活できる――。そう考える人もいるかもしれないが、実際に東京と地方の両方に住んだ経験のある人に聞くと「地方で意外と高いものあるある」が存在するのだという。昨年11月に、東京から佐賀県唐津市に移住したネットニュース編集者・中川淳一郎氏が、自身の経験をもとにリポートする。

 * * *
 先日、福岡在住のライター・A氏と会ったのですが、その時盛り上がったのが地方の物価についての話です。A氏は札幌出身で福岡在住、東京にも長く住んだ経験があり、東京の物価と地方の物価、どちらにも詳しい人です。私も昨年、唐津に移住するまで人生のほとんどを東京で過ごしてきたため、それぞれの実情は分かっています。そんな2人の意見が一致したのが、「地方の物価はなんでもかんでも安いわけじゃないよね」ということでした。

 全体的にみて地方の物価が安いのは間違いないでしょう。ところが、想定外の「高いもの」が時々あります。まず私が移住した時、家賃に関しては、東京時代の20万円強の家賃(3LDK・62平方メートル)が6万2000円(2LDK・56平方メートル)まで激減しました。広さに違いがあるし、東京時代は23区のなかでも家賃相場が高い地域だったとはいえ、相場は明らかに地方のほうが安い。もっと小さな物件なら3万~4万円台になっていたことでしょう。

 一方、東京で家を借りる時は、敷金と礼金が1か月分ずつという物件も増えていますが、現在の私の家は両方とも2か月分かかりました。あと、結局借りなかったのですが、物件選びの際に見学に行った部屋のひとつに、非常に眺望の良い4LDKがありました。おっ、これはいいな、と思ったのですが、敷金・保証金が合わせて4か月分。礼金は0で、謎の「敷引き」というのが3か月分でした。つまり最初に、7か月分+家賃1か月分+不動産手数料1か月分という9か月分を一気に払う支払う必要があったのでした。

 この「敷引き」とは何なのか。「SUUMO住宅用語大辞典」には以下のように書かれています。

〈敷引きとは、賃貸物件の賃貸借契約時に保証金から差し引かれるお金のことで、家賃の滞納分や退去時の原状回復費用として差し引かれる。ただし「敷金」と違い、まったく返金されないので注意が必要である。この「敷引き」は、関西地方の賃貸借契約における独特の商慣習である〉

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。