マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

3億円超のスーパー億ションが好調、買っているのは誰?

2017年6月24日 17:00

 首都圏の新築マンション市況は低迷が続いているが、それでも好調に買われている物件は存在する。どうような特徴があるのか、不動産の市況調査を手がける東京カンテイ市場調査部の井出武・上席主任研究員が解説する。

マンション市況低迷の中で売れている物件は?
マンション市況低迷の中で売れている物件は?

 * * *
 価格の高止まりと金利の先高感の影響で首都圏の新築マンション市況は低迷している。

 このような状況の中で比較的好調に買われているのは、麻布、赤坂、青山の「3A」地区、広尾、千代田区「番町アドレス」の3億円以上の“スーパー億ション”と呼ばれる高額物件だ。

 買っているのは、都心のブランド地区に狙いを定めて物色している投資家や富裕層。これら5エリアの物件は資産性が抜群に高いため、市況とは関係なく、よい物件が出てくれば高額でも買われるという特殊な事情がある。

 都内ではこのほか、退職金を手にしたシニア層による戸建てからの買い替え需要が一部でみられる。1980年代のバブル期に郊外で戸建て団地が多く開発されたが、最寄り駅までバスで20分かかるような地域に戸建てを買った人たちが、交通の利便性が高い駅の近くのマンションを購入して住み替える動きも出ている。

 では、一般のサラリーマンなど実需の中心層はどのような動きをしているのか。都内の新築物件は供給が絞られている上、ファミリー層にはなかなか手が出ない高価格水準で推移しているため、東京都周辺3県の物件に流れる傾向が強まっている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。