家計

家庭の収入アップに繋がる夫操縦術、「孫子の兵法」を参考に

 これと関連して、公認会計士の田中靖浩さんが女性によくすすめる言葉が《囲死(いし)には必ず闕かき、窮寇(きゅうこう)には迫ることなかれ》だと言う。敵を窮地に追い込んではならないという意味だ。

 解説すると、敵を包囲したら、逃げ口を開けておくことが大切。窮地に陥った敵を追いつめると、死にものぐるいで反撃し、味方の損害も大きくなるという意味。

 節約ばかり気にして、夫の小遣いをダウン、唯一の楽しみの晩酌もカット…なんてことをしていたら、妻に内緒で借金をする可能性も。追い込むのではなく、自分から動くよう持っていくのが“勝つ妻”なのだ。

「例えば、定年後にゴロゴロしている夫には、“働け!”と言うのではなく、“お父さんは元気だし、せっかくのキャリアがもったいないよね”と持ち上げれば、“働こうかな”という気になります。男性は、自分で決めたことはやらなきゃいけない、と思うものなので自ら言わせることがポイント」(田中さん)

 本音をのみ込んで、夫には自ら考えさせ動くように仕向ける。そんな夫操縦術が家庭の収入アップに繋がるのだ。

【参考資料/『最高の戦略教科書 孫子』守屋淳著(日本経済新聞出版社)、『新訂 孫子』金谷治訳注(岩波文庫)、『孫子の兵法 考え抜かれた「人生戦略の書」の読み方』守屋洋(三笠書房)】

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。