住まい・不動産

東京の表玄関・東京駅 「住みたい街・9位」だが住む現実味は?

周辺に住むことはできるのか?(東京駅丸の内口南口の改札付近)

周辺に住むことはできるのか?(東京駅丸の内口南口の改札付近)

 街を行く人に尋ねてみれば、きっと誰しも住んでみたい街があるはず。けれども理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は、SUUMOが行った「住みたい街ランキング 2017」で9位にランクインした「東京」(東京都千代田区)について、ライターの金子則男氏が解説する。

 * * *
 日本の首都・東京の表玄関にして日本の鉄道の中心が「東京駅」。以前、「住みたい街ランキング 2017」3位の「横浜駅」を紹介した際も同様の指摘をさせていただきましたが、おそらく「東京」と回答した人の多くは、東京一帯を広く捉えて答えた可能性が高いものと思われます。

 それはさておき、実際問題として、東京駅周辺に“通う”のはともかく“住む”というのはリアリティがあるのでしょうか。

 結論から言えば、「解釈の仕方によってはアリ」という答えになると思います。まず丸の内口方面は、丸ビルや新丸ビル、丸の内オアゾなど、三菱地所が手がけたビルや、日本を代表する大企業の本店がずらりで、住むための物件は見当たりません。徒歩で15分程度の神田錦町や内神田まで視野を広げれば物件はありますが、神田、淡路町、小川町など、最寄り駅は別の駅になり、「東京駅」というよりは「神田エリア」です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。